読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

gloomyfioreのブログ

フィクションです

大人について

 

 

教師が大嫌いだった。大人が大嫌いだった。頼れる大人なんてなんにも魅力的ではなかった。朝の電車が嫌いだった。制服も校則も、私を意味無く不自由にさせるものはなんでもきらいだった。理解できない事がもどかしかった。分かりもせず知ったような口を聞く大人にはもっとうんざりした。要するに、一般的に呼ぶ「大人」という存在に、いつも絶望させられていた。

 

愛されていないわけではない。両親共からそれなりに愛されて育ち、教師にだって冷たい目を向けられた事は無い。私だって両親の事は好きだし、教師共の人間性自体が嫌いなわけではない。だからこそ、さみしい。どうせなら、極端でいたかった。

 

かつて私を産んだ彼女が、私の事をなんにもわかっていないことが悲しくてたまらなかった。そんな事はとうの昔に分かっていたのに、母親も私の嫌いな種類の「大人」だということを感じる度にこの上ない寂しさを未だに覚えてしまう。愛されているが理解できない、その矛盾を受け入れるにはまだ少し幼いのかも知れない。

 

中高6年間通い続けた同じ場所に、思い残すことはあるのだろうか。数式や化学式や綺麗事みたいなガラクタばかりで、大事な事は何一つ教えて貰っていないような気がする。学校が大事だなんていう大人は全く信用できない。ましてや仲間意識を強要して来る奴は吐き気がする。みんな同じ服を着た、自分1人が居なくても対して困らないような集団で馴れ合う方法よりももっと大事な事が沢山あると、どうして大人は言ってくれないのか。嫌いな人とも仲良くしましょう、なんて綺麗事なのよと、謙虚かつ大胆に、暴力的に生きるのが最もラブリーでゴキゲンなのよと、なぜ教えてくれないのだろう。私が高校生活で一番欲しかったのは、茶髪でもピアスの穴でも大量の化粧品でも恋人でもお金でも、セックスや酒や煙草の経験でも偏差値でも教科書でも無く、一緒に悪足搔きをしてくれる大人だった。大人とかいう存在に、一緒に絶望してくれる大人が、欲しかった。

 

私はそれでも勉強するだろう。ターゲット1900は繰り返し覚えるだろうし、ネクストステージはこの先チェックだらけだろうし、セミナーも繰り返し解くだろう。チャートもやらなければいけない。結局は真面目なのだ。遅刻もするし茶髪だし、ピアスだって何回も開けた(今は黒髪だし、全て閉じている)。化粧もしている。でも私は真面目だ。周りに悪足搔きをしてくれる大人はいない。理解者は自分しかいない。今はそれでいいのだ。

 

いつか、溶かす誰かが現れるまでは。賢く不真面目になれるように、そして私自身が悪足搔きを出来る、大人にちょっぴり絶望した大人になれるように、私は私なりの真面目を貫こうと思う。

 

今日は泣き疲れたので寝ようと思う。それでは、どうかお元気で。